FP2級試験の難易度、合格率の実際とは? 

FP, 2級,合格率

FP技能士資格には、技能レベルに応じて、1~3級までの3つのクラスがあります。試験の難易度は当然上の級に進むにしたがって上昇していきますが、各試験の難易度に注目して、試験対策に応用することが大事でしょう。というわけでこのページでは、FP試験2級の難易度を主題にします。

FP2級試験の場合も、合格李は毎回かなりの早さで発表されています。

きんざいのFP2級試験の合格率

  学科試験 実技試験
受験者 合格者 合格率 受験者 合格者 合格率
平成24年1月 48,600名 9,865名 20.3% 39,821名 13,846名 34.8%
平成24年5月 42,374名 8,317名 19.6% 30,431名 12,934名 42.5%
平成24年9月 45,043名 11,213名 24.9% 32,209名 11,847名 36.8%
平成25年1月 48,895名 6,867名 14.0% 36,668名 12,518名 34.1%
平成25年5月 41,724名 11,770名 28.2% 27,104名 7,900名 29.1%
平成25年9月 39,898名 9,131名 22.9% 30,467名 10,873名 35.7%
平成26年1月 43,710名 6,983名 16.0% 33,361名 9,598名 <28.8%/td>
平成26年5月 35,454名 9,498名 26.8% 25,057名 9,097名 36.3%
平成26年9月 34,979名 8,169名 23.4% 27,251名 8,424名 30.9%
平成27年1月 40,148名 8,016名 20.0% 32,262名 12,634名 39.2%

合格率が特に学科試験の場合、厳しい水準になるのが2級の場合の特徴です。3級までであれば、何とか独学で通る人もけっこういるのですが、2級となるとそれは一気に至難の業になります。

日本FP協会のFP2級試験の合格率

  学科試験 実技試験
受験者 合格者 合格率 受験者 合格者 合格率
平成24年1月 15,038名 5,859名 39.0% 12,919名 6,352名 49.2%
平成24年5月 12,199名 4,720名 38.7% 10,337名 5,328名 51.5%
平成24年9月 13,829名 6,351名 45.9% 11,579名 6,545名 56.5%
平成25年1月 14,470名 4,059名 28.1% 12,129名 6,950名 57.3%
平成25年5月 13,509名 6,459名 47.8% 9,917名 5,814名 58.6%
平成25年9月 14,214名 5,820名 40.1% 11,546名 5,601名 48.5%
平成26年1月 15,683名 4,934名 31.5% 13,068名 7,833名 59.9%
平成26年5月 14,577名 6,327名 43.4% 10,698名 6,663名 62.3%
平成26年9月 16,015名 6,703名 41.9% 12,287名 6,553名 53.3%
平成27年1月 17,760名 6,032名 34.0% 14,054名 8,775名 62.4%

FP協会のほうは、2級も3級と共通して受験者が少な目で、合格率は高めです。つまり3級とあまり変わりません。勉強する範囲の難易度でいえば、むしろきんざいのそれよりも高いといえるかもしれないほどです(実際に、両方やってみてそう答える受験者がけっこういますね)。
2級は特に、実技試験の範囲が回によって変わるという点もありますし、難易度を一言で語ることはかなり難しいです。どちらの試験を、どんな組み合わせで受けるかはポイントになりますね。
とはいえ、難しさで受け方を選ぶよりも、なるべく「興味を感じられるかどうか」で選んだほうがいいのではないでしょうか。興味があるところを選んだほうが勉強ははかどりますし、合格も自然と近くなるはずです。


>>FPの勉強方法徹底解説(提供:フォーサイト)