FP試験2級

FP,試験

FP技能士資格には、技能レベルに応じて、1~3級までの3つのクラスがあります。そのうち、FP技能士資格の中核をなすのが、2級FP技能士です。このページでは、2級FP技能士になるための検定試験(FP試験2級)について解説していきます。

まず、FP試験3級は誰でも受験することができましたが、FP試験2級には受験資格が定められています。具体的には、以下の通りです。
・3級技能検定の合格者
・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

FP試験2級の学科試験の試験科目は、①ライフプランニングと資金計画、②リスク管理、③金融資産運用、④タックスランニング、⑤不動産、⑥相続・事業承継の全6科目。試験科目自体は、FP試験3級と同じですが、たとえば①で言えば「中小法人の資金計画」、④で言えば「法人税・法人住民税・法人事業税」といった具合に、3級では問われなかった内容も出題されます。一方、マークシート方式である点、ならびに60点満点中36点以上で合格になる点は、FP試験3級と同じです。

FP試験2級の実技試験の試験科目は、①個人資産相談業務、②中小事業主資産相談業務、③生保顧客資産相談業務、④損保顧客資産相談業務の全4科目で、3級同様に、やはり選択制となっています。3級では「個人資産」「保険顧客資産」という具合に大くくりにされていましたが、2級では個人・法人、生保・損保と、内容が細分化されています。そのため出題内容も専門性が高くなっており、将来自分がどの領域を専門にしたいのかをよく考えた上で、受験科目を選ぶ必要があります。なお、合格ラインは50点満点中30点以上となっています。

ちなみに、2級FP技能士の資格と、日本FP協会が認定を行っているAFP資格はリンクしています。具体的には、FP試験2級は、AFPの試験を兼ねているため、これに合格した上で、AFP認定研修を受講・修了すれば、2級FP技能士とAFPのダブルライセンスを取得することができます。AFP認定研修は、通信研修3ヶ月以上、集合研修1ヶ月以上からなり、修了するのはなかなかハードではありますが、ワンランク上のFPを目指したい人は、取得を検討してみるのも良いでしょう。


>>FPの勉強方法徹底解説(提供:フォーサイト)