FP試験3級

FP,試験

FP技能士資格には、技能レベルに応じて、1~3級までの3つのクラスがあります。そのうち、ファイナンシャル・プランニング業務に従事する上での登竜門となるのが、3級FP技能士です。このページでは、3級FP技能士になるための検定試験(FP試験3級)について解説していきます。

まず、FP試験3級と、それ以外の試験(1級、2級)では、ひとつ大きな違いがあります。それは、受験資格です。1級および2級の試験では受験資格(実務経験など)が定められています。しかし、FP試験3級は「FP業務に従事している者、従事しようとしている者」なら誰でも受験することができます。3つのクラスの中でもっとも難易度が低いということもありますが、「受験資格がない」という点も、3級FP技能士が登竜門的資格と呼ばれるゆえんです。

FP試験3級は、学科試験と実技試験によって行われます。両方クリアして初めて、FP試験3級に合格したことになるわけですが、学科試験に合格すれば、学科試験の「一部合格証書」を、実技試験に合格すれば、実技試験の「一部合格証書」をもらうことができます。それぞれ、試験日の翌々年度まで有効なので、仮にどちらかが不合格だったとしても、有効期限の間は、合格した方の試験は免除となります。

FP試験3級の学科試験は、①ライフプランニングと資金計画、②リスク管理、③金融資産運用、④タックスランニング、⑤不動産、⑥相続・事業承継の全6科目。60点満点中、36点以上で合格となります。
FP試験の受験を検討している人にとって気がかりなのが、実技試験の方だと思いますが、「実技」とは言っても、マークシート方式が記述式になるだけで、基本的には学科試験と大きな違いはありません。
FP試験3級の実技試験の試験科目は、①個人資産相談業務と②保険顧客資産相談業務の2つがあって、選択制となっています。なお、実技試験の合格ラインは、50点満点中30点以上です。

さて、FP試験の実施団体には、社団法人金融財政事情研究会(金財)とNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)がありますが、少し前までは、FP試験3級については、FP協会では行われていませんでした。しかし、2011年1月の試験から、両方の団体で、かつ同一の試験問題で実施されるようになったことは、ぜひ覚えておくと良いでしょう。


>>FPの勉強方法徹底解説(提供:フォーサイト)