FP資格の仕組み

FP,試験

このサイトを読んでくださっている方の多くは、FP試験への挑戦を検討中の受験生かと思います。私もそうだったのですが、FP試験について調べてみると、試験の仕組みが何ともわかりにくい。事実、「本やネットで調べてみたけど、よくわからなかった」という受験生たちの声をよく聞きます。

FP試験の仕組みが少々入り組んでいるのには、理由があります。
FPは元々、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)と社団法人金融財政事情研究会(金財)という2つの団体が、それぞれ別個に認定していた民間資格でした。それが、2002年にFP技能士という名前で国家資格として制度化。そこまでは良かったのですが、金財の方の資格は廃止されてFP技能士資格に一本化される一方で、FP協会の方の資格は、民間資格として残ることになりました。そのため現在、FPは、国家資格である1~3級FP技能士と、民間資格であるAFP・CFPという、2つの系統が並立しています。これが、FP試験の仕組みを複雑にしている大きな要因となっています。

とは言っても、FP技能士とAFP・CFPは、まったくの無関係というわけではありません。確かに、FP技能士という国家資格が誕生するまでは、同じファイナンシャル・プランニング業務についての資格であるにも関わらず、FP協会と金財とでは、試験の問題も別なら、認定の基準も別でした。しかし、現在では、同じ試験を実施するようになっています。また、一定の条件を満たすことで、AFP資格保有者はFP技能士2級の資格を、CFP資格保有者はFP技能士1級の資格を有することができます。

ただし、両資格にはもちろん違いもあります。FP技能士はれっきとした国家資格ですから、たとえば資格を持たない者が「FP技能士」を名乗ることは法律上、禁止されています。つまり、FP技能士を名乗って、ファイナンシャル・プランニング業務ができるのは、FP技能士試験合格者だけなのです。一方、CFPは国家資格ではありませんが、アメリカから導入された国際ライセンスなので、海外でも有資格者と見なされます。
どちらが優れているということはありません。このサイトを参考に、それぞれの違いを理解して、自分の目的に合った資格を取得していただければと思います。


>>FPの勉強方法徹底解説(提供:フォーサイト)